スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自助論

最近読み始めた本なのですが

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
(2002/03)
サミュエル スマイルズ

商品詳細を見る


『天は自ら助くるものを助く』

という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

私たちは外部から支援をしようとすると、その支援に甘えて

自分自身で努力しなくなってしまう。

だからこそ本当にその人のことを救いたければ

その人が気付き動く出すまで待っていることが大切らしい。

実際に自分自身で努力し問題を解決しようとする人には

周囲の人も放っておくことはないでしょう。

やっぱり人が応援したくなる人は神様も応援してくれるんです。


でもこれって私たちのからだに対しても同じことが言えるんです。

自分の健康をお医者さんにまる投げしてしまうようでは

本当の健康管理とは言えません。

自分自身のライフスタイルを見直して変えていかなければ

使う薬が増えて行くだけで本当の健康なんて手にはいりません。

もう東洋・西洋にかかわらずお医者さんや一部の専門家に頼るだけの

健康管理ごっこはやめて、自分自身のからだを自分で健康にしてあげませんか?

そのヒントならありますよ。

『気持ちのよさをききわける』

ただそれだけですけどね。



スポンサーサイト

コメント

Secret

コーチング

あきほ先生

 ずいぶんご無沙汰しています。

 私も常に意識し、言葉に出してきました。

 ヘルプとサポートの違いでもありますね。

 私は、サポートを教育指導で行なってきました。

 おっしゃる通り、本人が真剣に習いたい気持ちがないと身になりません。

 最近は、ヘルプを求める人がかなり多くなっているような気がします。

 米は、保険も無い人がたくさんいて、保険があっても治療費がビックリするほど高いので、なるだけお医者さんにかからなくていいように予防医学が発達しています。

 日本の国の支出で医療費がかなり多いのは、困ってから医者にまるなげの人が多いからに他なりません。

 日本人は、自助努力の精神が薄れてしまってますね。

 詰め込み教育の暗記の得意な人が高学歴の弊害が出ています。

ありがとうございます。

テールウエストさん

こちらこそご無沙汰いたしております。

ご活躍の程はmixiの方でも読ませて頂いております。

以前からテールウエストさんが言われていた

教育の重要性を遅ればせながら実感することが

出来るようになって来た気がします。

健康も治療よりも指導・教育といったスタンスが

必要なんですね。

またアドバイスをお願いいたします。
プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。