スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私にとって操体とは宝の地図である2」

あなたは疑問に思ったことは無いであろうか。携帯電話にすらあれほど分厚い取扱説明書があるのに、何故私達のからだには取扱説明書がついていないのであろうか。からだの不調に悩まされている時、どうして自分のからだが壊れてしまったのかが書いてあるページを開くことが出来れば少しは体調不良への不安は解消されるかもしれないし、困ったときの対処方法が書いてあるページを開くことが出来れば、自分自身でからだの不調を改善することが出来ることが出来るかもしれない。しかし残念ながら私達のからだにはこのような取扱説明書は付属していないのである。その為に、体調を崩しては市販の健康関連図書を捲ってみたり、インターネットで検索してみたり、各種医療機関や薬局に相談をしに足を運ぶのである。そこではからだの状態に名前を付けてくれて、その状態を改善する為の情報や薬をくれる。私は操体を学ぶことで、からだは不快なことを体験することで、ボディーに歪みが生じ、症状や疾患が出現したことを知った。また同じく快感覚を体験することでボディーの歪みが正され、症状疾患が消失して来ることも理解出来た。

注釈:操体法創始者橋本敬三医師は症状疾患の発生したからだには必ずボディーの歪みが存在することに気付いた。そして長年の臨床の中で、気持ちの良さを味わうことでボディーの歪みは矯正され、気持ちが悪いことを無理に行うとボディーの歪みが悪化することを発見した。人間が持つ自然治癒能力は快・不快によってコントロールされているのである。

つまり快適感覚という目的地を目指して進めば、自ずから健康なからだというものが手に入ると云う寸法である。しかし、地図を見て解る様に決して一直線で目的地に到着する道なんてない。途中で交差点もあれば、行き止まりもあるかもしれない。もしかしたら山あり谷ありの険しい道のりが待っているのかもしれない。先日とある番組で完璧主義のまじめな人程ストレスからくる病気にかかりやすいという話がやっていた。恐らくこのようなタイプの方は、目的地までの道のりもつい一直線で進んで行こうと、壁を無理に乗り越えようと試みたり、少しでも早く目的地へ到着しようと全速力で走ろうと頑張ってしまうのかもしれない。快・不快というものは常に表裏の関係で存在し、どちらか一方しかない人生なんてあり得ないのではないかと思う。常に快と不快の中を漂いながら、より快の方向へと向かって行こうとするのが私達の生命感覚なのではないだろうか。
スポンサーサイト

今年は春から東京操体フォーラムのブログ当番!

皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年中は、世界的に大きな災害も多く辛い一年でした。

今年こそは明るい希望に満ちた一年となるように

そして皆様が健康的で幸せな一年を過ごせますよう願っております。

今回はブログトップバッターの秋穂が1月1日から

という何とも幸先の良いブログのスタートになりました。

それでは今年も一年間宜しくお願い致します。

今回のブログのテーマは『私にとって操体とは・・・』です。

『私にとって操体は宝の地図である。』

私は地図を見るのが好きである。学生時代に宅配ピザ屋でアルバイトをしたり、バイシクルメッセンジャーをしたりと地図を見る機会が多かったから余計に得意になったのかもしれないが、小学校の頃から地図帳を捲っては、行ったことのない街や国を想像するのが好きな少年であったように記憶している。私にとっての地図は、私達が住む地球上の嘘偽りない姿が映し出されていて、その地図を捲ることにより過去にも、未来にも連れて行ってくれるタイムマシーンの様な存在である。地図を正確に読み、方角さえ間違うことがなければ、かなり正確に目的地に到着することが出来る。この地図に宝の在処を示す秘密の暗号でも書かれていると更に良いのであるが、別になかったとしても、自分の知らない街を地図を片手に歩いてみるだけでも充分すぎる大冒険だ。

イギリスの詩人 アレキサンダー・ホープは「私達一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風である。」という言葉を残している。たしかに私達の人生は広い大洋を航海している様なものかもしれない。今日天気が良く波穏やかであったとしても、突然嵐に襲われることもあるだろう。ある時自分の知らない未開の土地に到達することもあるかもしれない。A・ホープは理性は羅針盤、情熱は疾風と表現していたが、私は操体と言う地図を手に入れている。操体はどんな荒波の中でも、自分自身の船の位置を必ず教えてくれる。その地図から目を離さない様に軌道修正してゆけば、大きく軌道から外れること無く、目的の場所にたどり着くことが約束されているのである。

残念なことに最近では世の中があまりに便利になりすぎてしまいカーナビや、携帯電話のGPS機能を使えば地図なんて読めなくとも、道に迷うことは無くなってしまった。私は思う迷いの無い冒険など無い。そして、迷いの無い人生なんてつまらない。私は人生の地図、操体を読み解きながら、あちらこちらでつまずきながら、楽しい人生をこれからも航海して行きたいと思う。
P1010096.jpg
P1010106.jpg
P1010108.jpg

2011年秋季東京操体フォーラム終了

おかげさまで今回も秋季東京操体フォーラムに

参加してくることができました。

・抵シ撰シ托シ醍ァ九ヵ繧ゥ繝シ繝ゥ繝?闃ア_convert_20111114130108


今回のメインテーマは・・・

『笑いのチカラ、快のチカラ』
~操体と笑いの色っぽい関係~
~笑いは最高の治癒力~

ということで何故笑うことが健康に良いといわれるのか。
笑いと云うものがからだに影響を与えるメカニズム
そして操体のフィルターを通して笑いというものを
観てみると今巷でもてはやされている「お笑い」と
私たちが何気なく頬を緩ませる「笑い」では
その理由や意味も全く違ってくることが分かった。
私たちのからだは面白いから笑うのではなく
笑っているから面白いのであり
笑いは外から刺激として与えられるものではなく
自分の内から湧き出てくる魂の表現方法のひとつである。
私たちのからだは芸術や文学などの創作活動や
仕事を通じて自己表現することで自分の中にたまった
エネルギーを発散している。
喜怒哀楽などの感情も自分の中からの表現として
捉えるのであれば笑いと云うものはなんとやさしい
自己表現なのだろう。
次回2012年春季東京操体フォーラムは
4月22日に同じく津田ホールで予定されている。
自分自身のいのちへの新しい気付きを求めて
春のフォーラムにも参加したいと思います。
このブログをご覧のあなたも一緒に
気持ちよさを求めて津田ホールに旅をしてみませんか?

・抵シ撰シ托シ醍ァ九ヵ繧ゥ繝シ繝ゥ繝?荳画オヲ_convert_20111114130133

三浦寛先生

・抵シ撰シ托シ醍ァ句キ晏エ酸convert_20111114125937

川崎隆章先生
2011遘句ュ」繝輔か繝シ繝ゥ繝?_convert_20111114130043





2011年秋期東京操体フォーラム開催迫る

P1010111_convert_20111030000550.jpg


期日:2011年11月6日(日)
会場:東京千駄ヶ谷 津田ホール
時間:9時30分~16時55分(9時受付開始)

テーマ: 『笑いのチカラ、快のチカラ』 ~操体と笑いの色っぽい関係~笑いは最高の治癒力~

総合司会 福田勇治(東京操体フォーラム 理事 副実行委員長 導軆力学研究所)

■開会挨拶 09:30~09:45
岡村郁生(東京操体フォーラム 理事 実行委員長 操快堂)


■Sotai Forum in Madrid 報告 09:45~10:30
畠山裕美(東京操体フォーラム 常任理事 TEI-ZAN 操体医科学研究所)

■般若身経 10:40~12:00

■特別講義 13:00~14:45
「天使の笑い・悪魔の笑い」
川崎隆章


■メインセミナー 15:00~16:45
「からだの無意識が呼びおこす笑いと快」
三浦寛(東京操体フォーラム 理事長 人体構造運動力学研究所)

■アンケートタイム・記念撮影 16:45~16:55

◇対象者: 臨床家、学生、一般、操体に興味がある全ての人
◇開催日: 2011年11月6日(日)
◇時間: 9:30~16:45(受付9:00開始)
◇会場: 東京千駄ヶ谷 津田ホール
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24 
TEL: 03-3402-1851
JR総武線「千駄ヶ谷駅」 改札正面
都営大江戸線「国立競技場駅」A4出口正面

◇金額: 10,000円(事前申込み。10月31日まで)それ以降当日は11,000円

◇申込方法: 事前申し込み(締切 2011年10月31日)
ホームページのお申し込みフォームか事務局宛にe-mailでお申し込み下さい。
*締切日以降は当日扱いとなります。参加費用が変わりますのでご注意下さい。
1.東京操体フォーラムホームページ
http://www.tokyo-sotai.com/  
2.e-mail: forum@tokyo-sotai.com   
3 fax: 020-4668-4327 

*e-mail、faxの場合は、参加者氏名、住所、電話番号を明記して下さい。
◇お支払い方法:銀行振込
振込口座:ジャパンネット銀行 普通 本店営業部 3662352  
トウキョウソウタイフォーラム ミウラ ヒロシ        
 
 
◇お問い合わせ
東京操体フォーラム事務局
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西2-22-38-217
(TEI-ZAN操体医科学研究所内)
tel: 03-3675-8108 
fax: 020-4668-4327
e-mail: forum@tokyo-sotai.com

『気持ちよきこともなき世を気持ちよく』

いつの間にか月が変わり今日から10月です。まだあと3カ月は今年も残っているのですが今年は自然災害の多い一年でした。3月の東北地方の地震、四国・紀伊半島や東海地方に被害をもたらした2度の台風など改めて自然の脅威というものを気づかされた一年であったと思います。未だ復興出来ていないところばかりだと伝え聞いておりますが、被災者の方々が一日でも早く完全に元通りとまではいかなくとも、安心して生活できる環境に戻られることをこころから願っております。

今週一週間は『快と楽の違いについて』というテーマで一週間書かせていただきました。私自身書いていて新しい気づきや改めて再確認したことなど本当に勉強になる一週間でした。今回書いたように気持ちよさというものがからだに与えてくれる恩恵は本当に計り知れないものがあります。しかも気持ちよさを味わえば味わうほど、感覚のフィルターが研ぎ澄まされ気持ちよさの感覚を感じやすくなるという使えば使うほど性能が上がってくる夢のようなシステムです。またこの快適感覚という感覚はからだのバランスが取れまに合っている時にはそれほどでなくても、心身の不快指数が高ければ高いほど快感度の質が高くなるという性質を持っています。自分自身が逆境や辛い状況にある時きほど日常生活でつい見落としてしまうような人のふとしたやさしさや温かさが身にしみて感じらるのじはそのためなのかもしれません。今このような時期だからこそ自分のためではなく自分以外の誰かさんのために気持ちよさの種をまいておきたいし、その種が誰かさんを幸せにすることがもしできたとしたらその幸せな姿を見て心底喜べるような感性を持っていたいと思います。おれがおれがという我を通す生き方は確かに力強くはみえますがやはり柔軟性に欠けとても硬くてもろい生き方であると思います。我を張るために頑張るのでは自分の地位や名誉欲を満足させるためにはいのかもしれませんが、そのために生じた軋轢やストレスによってあなたのからだは深く蝕まれていくのです。周囲と円滑な人間関係を気づけない方は自分自身のからだとも上手にお付き合いを出来ていないかたが多いのです。以前三浦理事長の講習の中で、『人間に耳が2つあって口が一つしかない訳』というお話を聞かせていただいたことがありました。私たち人間は自分が1話したらその2倍人の話を聞きなさいというお話でした。人の話もそうですが自分のからだとの付き合いもじぶんが何かしたいなと思ったらその2倍くらいはからだの要求に耳を傾ける時間をつくってあげられたらよいですね。からだは口を持っていませんが快不快という感覚を使って私たちに色々な情報を与えてくれます。それでは年末にもう一度お会いしましょう。一週間ありがとうございました。

”YES” is the answer 

 and you know that for sure

”YES” is surrender , 

you got to let it, you got to let it go

イエスは答えです。

そしてそれを必ずあなたは知っています。

イエスはあなたが咲かせた花です。

そしてその花は確かにあなたが育てました。

               John Lennon 『MINDGAME』より
プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。