スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

操体法の成り立ち

操体法は仙台の医師橋本敬三(1897-1993)が骨接ぎ、正体術、ヨガ、鍼灸などの

民間療法を参考にして作り上げた日本独自の日本医学である。

新潟医専(後の新潟大学医学部)を卒業後、生理学を専攻していた橋本先生は、

急遽知人の頼みで北海道は札幌の個人病院を任されることになった。

ところが大学で研究ばかりしていた橋本先生は臨床経験がなく、治療にも思うような効果が上がらない。

特に苦手としていたのが、整形外科、腰痛、肩こり、膝の痛みなどの運動器の疾患であった。

治療効果が上がらなければ、患者は病院での治療をあきらめその他の民間療法家へ助けを求めていく。

そして、民間療法家たちのもとで治療を受け実に見事に治っていくのである。

その様子を見て感激した橋本先生は町の上手いといわれる民間療法家を読んではその技術の教えを乞うた。

そして様々な療法を勉強するうちに全ての療法に共通する治療の極意にたどり着いた。

「民間療法家は痛みを治しているのではなくからだの歪みをただしている。」

それから橋本先生は、痛みの部位を診るのではなく、全ての患者に存在するボディーの歪みを正すことで

、様々な痛みや病気を治療し、その効果を聞きつけ、地元仙台のみならず、東北地方、

1981年のNHKのラジオ「人生読本」に出演以降は日本全国から患者が押し寄せた。

それによって操体法の名は全国的に有名になり、現在でも橋本先生の愛弟子である、

三浦寛先生、今昭宏先生はじめとした後継者により研究、発展し続けている。


hasimoto.jpg



操体法創始者 橋本敬三医師
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。