スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康を左右するもの

それでは何故本来あるべき能力が低下しちゃうのか?
それは生活が自然の法則に反して不自然な状態だからです。

私達の身体が健康な状態を保って行く為には、『食』『息』『動』『想』
そして『環境』のバランスを上手く取っていく必要があります。

『食』は食事のバランス、『息』は呼吸運動の質
『動』は身体の動き方や姿勢、『想』は精神面の安定

そして『環境』はその人を取り巻く周囲の状況のことです。
これらは互いに影響を与え合って(同時相関相補性)います。

その内の1つが崩れて来るとその他のモノまで乱れて来てしまい。
その内の1つが良くなってくれば、その他のモノも良くなってくるんです。

例えば、とてつもなく大きな失恋をしたと仮定してみましょう。
その人はココロに傷を負ってしまい、とても落ち込んでいます。

なんだか食欲も無くなってしまい食べ物も喉を通らないし
来る日も来る日も「ハ~ッ・・・」とため息ばかりついています。

顔色にも力が無く、肩を落として何とも寂しげな後ろ姿・・・
こんな風景ってそんなに珍しくないですよね。

またその反対に「やったー、恋人が出来たぞ~!」って時は
その人のコトを考えるとココロはウキウキと踊り出すし

「フフフ~ン♪」なんて鼻歌なんかが出ちゃいそうなほど軽やかで
足取りも軽くて笑顔も自然に出て来ちゃう。

「よ~し、あの人の為にももっと綺麗になってやる~!」なんて
思っていると本当に見る見る綺麗に変身しちゃったりしてね・・・

その人と恋人と言う『環境』が変わってしまうだけで
こんなにも状態が変わっちゃうンだもの・・・ちょっと大げさかな。

でも、気分ひとつで体の調子が変わってしまうのはうなずけます・・・
気分の善し悪しを感じるのも、痛みの有無を感じるのも同じ脳の仕事ですからね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。