スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『では気持ち良いってどういうことなのだろう?』

私達のからだは「気持ちの良い」という感覚を味わうことで、筋肉・骨格の歪みが取れて生体の歪みが正されるということは先日書いた通りですが、では何故「気持ち良い」という感覚を味わうだけでからだの歪みが矯正されるのでしょう?実際に他の手技療法を用いてもからだの歪みは矯正されるのですが、その為にはそれなりの医学的知識や技術そしてそれなりの労力が必要になります。しかし実際に操体の臨床ではからだのある一点の皮膚に軽く触れておいて、その皮膚感覚による気持ちの良さを味わっているだけで全身の緊張が緩みからだのバランスが取れて来ることは良くあることです。

橋本先生はその著書の中で

つらい動きを我慢してやる必要はありません。なぜか。みなさんは用たしに外出するのと、お宅に帰るときとどっちが気持ちよいですか。家に帰るときの方が良いでしょう。もとにもどることは気持ちがいいのです。もとのからだはもともとよいのです。気持ちよく動くともとにもどるように人のからだはできているのです。こんなありがたいことはないでしょう。これが自然の法則なのです。

橋本敬三著 『万病を治せる妙療法 操体法』より


万病を治せる妙療法―操体法万病を治せる妙療法―操体法
(2005/04)
橋本 敬三

商品詳細を見る



と気持ちよさでからだが治ることは私達が本来持った能力であると書いておられます。なにも操体法が特別なことをやっているのではなく、からだが本来もっている能力に従って臨床を行っているだけなのです。あくまでも治しているのは患者自身のからだであって、私達治療者は患者さんのからだが気持ち良さをききわけ味わってもらえるようにナビゲートしている存在に過ぎないのです。からだの持っている自然治癒能力というのは本当に有り難いものです。しかし残念ながらこの有り難い能力を誰もが皆享受出来ているかと言えば必ずしもYESとは言えないようです。それは我が国の34兆円を超える医療費を見てもわかるように病気や怪我により医療機関を受診し治療を受けているのです。実際に「気持ちよく動けばからだが治るんだよ~。」と言っても「えぇ~っ、本当ですか~?」と疑問をもたれる方が大半を占めていることは、実際の現場でも痛い程感じます。考えてみると私達の普段の生活の中で『気持ちよい』と感じる瞬間というのが一体どのくらいあるのでしょうか。気持ちが良いと感じる為には、自分自身のからだと対話しなければなりません。それぞれが自分自身のからだにききわけるという過程を経て初めて気持ち良いという感覚を味わうことが出来るのですから、『気持ち良さってどんな感じ?』という疑問を持つということ自体が、自分自身のからだと上手くコミュニケーションが取れていないということなのかもしれません。あなたは上手にからだとコミュニケーションがとれていますか?
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。