スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして操体の臨床(治療)は・・・

『食』『息』『動』『想』『環境』のうちの『動』に対しての
アプローチを中心に治療プログラムを組み立てていくのですが・・・

勿論、ただ漠然と動かしていく訳ではありません。
身体の感覚に聴いた『気持ちよさ』を感じる動きで治していきます。

日常生活の中で私達の身体は様々な『気持ちの良くないコト』に
あまりにも支配され過ぎています。

身体は気持ちよさ、心地よさを感じさせてあげるコトで
自然治癒能力が増幅され自らの力で身体を癒していくのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。