スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『病気と健康のプロセス!』


私達の身体は、日頃の生活の中で様々なストレッサー(異常刺激)にさらされています。これは肉体的なモノ(運動・食事など)や精神的なモノ(感情・社会環境など)多岐に渡ってまいります。通常これらのストレッサーは直接、身体に対する影響としては現れない程度のモノであっても継続的に影響を受けることにより、生命エネルギーの不均衡が発生し、その結果として生命体の基礎構造である運動系系統に歪みを作り出す事になり、異常感覚(違和感・不快感)を引き起こし、さらにこじれていくことにより疾患現象へと進行して行きます。

1,正体(せいたい)にストレスが加わる。
   
2,運動器系統に歪みが発生する。

3,異常感覚(違和感・不快感)の出現。

4,機能障害(痛み・症状)の出現。

5,器質的破壊(西洋医学的病名)の発生。

この様にして本来、健康体であるはずの身体に問題が起こってしまうのですが、これらは先にも書いたように再びボディの歪みを正体に戻すことにより回復させることが可能なのです。ただし器質的破壊が進んだものに関しては回復かなり厳しい場合もありますので、
なによりもここまでからだを壊してしまわないように気をつけたいものです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。