スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京

天高く馬肥ゆる秋穂一雄です。
素晴らしい秋空の下東京操体フォーラムに参加してきました。
回を増すごとに内容も参加者の方たちも充実してきて
本当に素晴らしいイベントだな~って思います。

発表された各先生方、いろいろと準備してくださった実行委員
の皆さん、そして何より参加してくださった皆さん
本当にありがとうございました。

この場を使って僕的レポート&感想を綴らせていただきます。forum.jpg
最初はオフィス・エルランティの福田勇治先生の
「操体と食」についての発表でした。
日本の米中心の食事がどれほど健康を維持するために
適しているかと云うことを様々な観点から
例を挙げて説明してくださいました。
「1日最低でも3合はメシを食え!」
多分僕は2合も食べていなかった気がする・・・
パン好きなので全く食べていない日もあったりして・・・
コメ食います。

そして次に草階妙健操体研究所の草階文恵先生と
TEI-ZAN 操体医科学研究所の畠山裕美先生のダブルネーム
操体を学ぶ上では避けて通れない「重心安定と重心移動の法則~般若身経」を実際にからだを動かしながら実習、何度やってみても毎回「あれっ!」って思うことがある・・・奥が深いのである。
そして草階女史は快適感覚の本質を鋭くえぐる「快適感覚について!」
今回の題材は東洋の秘術睾丸マッサージ!「なんじゃそら(?_?)」って思いましたが、いざ聞いてみるとこれが結構面白かった。

ここで昼食をはさみ・・・

午後からは実技!実技!実技!

各実行委員の先生方による操体法実技のデモンストレーションと
実技指導、間近で実際の臨床の様子が見ることはできるし、
手取足取り指導までしてもらえる。ファンタスティックな時間でした。

続いて仙台 操体医学研究所 今昭宏先生の
「皮膚の操法を交えた操体ライブ」
毎度のことではあるが今先生はかなり味があるほのぼのした
雰囲気でものすごく高度な臨床を見せてくれるので、
ぱっと見、「ふ~ん、操体って簡単なんだ~。」って
錯覚を受けそうだけど、そこはやっぱり先生のキャリアと
日々の臨床の積み重ねで構築されたものなんだね~。
と姿勢を正される思いでした。

酉は現代の操体マスター 人体構造運動力学研究所の三浦寛先生
「連動のさらなる追及」
今先生と三浦先生は同じ橋本先生の下で修行され、操体への
向かい方、考え方など共通点は共通したところが多いのに
実際の臨床の様子は全く違うことやっているんじゃないの?
と疑ってしまうほど違うんですよね~。
今先生が動なら三浦先生は静、今先生が川なら三浦先生は山
今回も同じモデルさんを使って、同じく皮膚への操法(渦状波)を
やっていたのだが、その感覚のききわけまでプロセスは全く違って見えました。同じなのはどちらもモデルさんがかなり深く気持のよさを味わっておられたということくらいでしょうか・・・
基礎は同じでもそこから構築されていくものは個性と云うか
その先生ごとの味わいを持ってくるのかもしれません。
僕も僕らしさが発揮できるように、こつこつとキャリアを
積み重ねて行きたいと思います。
「気持のよさが一番良く感じられるところまでからだのつくっり お・・・イテッ舌噛んだ。」精進精進・・・
スポンサーサイト

コメント

Secret

いいレポートですねえ。
ほんと、実行委員じゃなかったら参加したくなっちゃうわよ。

ていうかしなさいよ!(誰に言ってるんだか)

今回も発表ネタが粒ぞろいで、
その後が発表しやすいんだかしづらいんだか…。

お疲れ様でしたー。今、フォーラムレポート書いてる最中です。参考にしますじゃ。
プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。