スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故の治療を希望される方

もし万が一交通事故にあってしまったときでも『あきほ整骨院』はあなたの痛みとりのお手伝いをいたします。

<まず警察に連絡>
交通事故にあってしまった時には、自分で示談交渉をせず、まずは警察に連絡を入れることが、肝心です。大した事ないと思うような軽い事故であっても、後日になってからだの痛みが出てくることもありますので、後で話をこじらせないためにも、警察の方に現場検証に入っていただいたほうが良いです。

<損害保険会社に連絡>
その時に、あなたが加入している損害保険会社の担当の方にも・事故の日時、場所や相手の住所、氏名、電話番号、車名、ナンバー、事故の状況、届出警察署などを逐一報告することをお忘れなく。

<医療機関で検査をする>
交通事故の直後は、精神的にも緊張して、痛みが感じにくくなっていますので、たいした怪我ではないと錯覚しやすいですが、いくら軽い事故と入っても、巨大な金属の塊がぶつかったときの衝撃というのは、日常生活では経験することのないものですし、「あっ!危ない・・・」と思った瞬間にからだには無意識の緊張が起こってしまいます。その時に自分自身が作り出した緊張で筋肉を損傷してしまう可能性だってあります。念のために病院の先生にかかって、骨折や脱臼はないか、頭部や内臓に問題は起こっていないかなどを、詳細に検査していただいてください。重篤な問題がなければひとまずは安心です。

<本気で治療する>
ひと安心したところからが、我らが『あきほ整骨院』の出番です。大きな病院では特に治療はせず、「シップだけもらって帰ってきました。」とか、「痛いといったところにだけ痛み止めの注射を打ってもらってるんですが・・・」と言って整骨院に移って見えられるかたも少なくはありません。私たち手技療法家はレントゲンや目に見えないような痛みの原因を手探りで見つけ出すプロフェッショナルです。レントゲンには移らない背骨のずれを探したり、表面からは見えない筋肉の損傷を見つけて、それの痛みに対して最善の施術を行っていきます。整形外科さんにかかられている方でもご安心ください。1日の内に両方にかかるということはできませんが、別の日であれば、どちらも受診していただくことは可能です。むしろ病院の先生でなければ確定診断はできませんので、病院の先生や損害保険会社の同意がいただけるのであれば同時受診をお勧めしております。一度相談してみてはいかがでしょうか。

とにかく交通事故の治療は、交通事故に遭う前と同じ健康状態に回復することが目的ですから、そのためには病院、保険会社さんさんも整骨院も一丸となって痛みに向き合っていく必要があります。もし加害者がある事故であれば、その加害者の方にも本当は協力してほしいところなのですが・・・とにかく、「交通事故の後遺症で雨が降ると痛くなります。」なんて言わなくってもいいように、綺麗に治って示談のサインをしていただきたいと思います。

どんな些細なことでもあなたのからだのお助けマン『あきほ整骨院』にご相談ください。

あきほ整骨院

福岡県福岡市中央区清川2-21-22-2階

092ー521-8508

mail:sorashidou@gmail.com

IMG_0771.jpg



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。