スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

操体法の成り立ち

操体法は仙台の医師橋本敬三(1897-1993)が骨接ぎ、正体術、ヨガ、鍼灸などの

民間療法を参考にして作り上げた日本独自の日本医学である。

新潟医専(後の新潟大学医学部)を卒業後、生理学を専攻していた橋本先生は、

急遽知人の頼みで北海道は札幌の個人病院を任されることになった。

ところが大学で研究ばかりしていた橋本先生は臨床経験がなく、治療にも思うような効果が上がらない。

特に苦手としていたのが、整形外科、腰痛、肩こり、膝の痛みなどの運動器の疾患であった。

治療効果が上がらなければ、患者は病院での治療をあきらめその他の民間療法家へ助けを求めていく。

そして、民間療法家たちのもとで治療を受け実に見事に治っていくのである。

その様子を見て感激した橋本先生は町の上手いといわれる民間療法家を読んではその技術の教えを乞うた。

そして様々な療法を勉強するうちに全ての療法に共通する治療の極意にたどり着いた。

「民間療法家は痛みを治しているのではなくからだの歪みをただしている。」

それから橋本先生は、痛みの部位を診るのではなく、全ての患者に存在するボディーの歪みを正すことで

、様々な痛みや病気を治療し、その効果を聞きつけ、地元仙台のみならず、東北地方、

1981年のNHKのラジオ「人生読本」に出演以降は日本全国から患者が押し寄せた。

それによって操体法の名は全国的に有名になり、現在でも橋本先生の愛弟子である、

三浦寛先生、今昭宏先生はじめとした後継者により研究、発展し続けている。


hasimoto.jpg



操体法創始者 橋本敬三医師

操体法による治療を希望される方

操体法による施術を希望される方

操体法は『呼吸』『食事』『運動』『精神』とそれを取り巻く『環境』のバランスを調整することにより、歪みを出してしまったからだのバランスを整え、自然治癒能力を活発にすることにより、痛みや不調からの開放を目指します。

施術はまず自分のからだと対話し、からだと上手にコミュニケーションをとりながら行っていきます。このからだとの対話を操体法では「からだにききわける」と言い、知識や欲に包まれた頭で考えるのではなく、純粋で繊細なからだの要求する施術を行っていきます。


1足趾の操法
足底や足の指をもみ、快適感覚の有無をからだにききわけていただきます。足はからだの根っこ(土台)バランス良く立つことのできる足を取り戻します。


2.動きの操法
操者(施術者)が介助しながら、気持ちよく感じられるようにからだを操っていきます。からだの動きの中で快適感覚をききわけからだの歪みを正していきます。


3.皮膚へのアプローチ~渦状波~
クライアント(患者)の皮膚の異常個所に軽く触れることにより、皮膚感覚に現れる快適感覚をききわけていただきます。マッサージやストレッチなどからだへの刺激では味わうことのできない至高の気持ちのよさを味わいこころとからだのバランスを取っていきます。

これらをその方のからだの状況、感受性にあわせながら適宜織り交ぜて施術させていただきます。

基本的にマンツーマンでの施術になりますので、完全予約制とさせていただいております。
前日の午後8時までに『あきほ整骨院』まで電話、ファックス、メールにてご連絡お願いいたします。

・一回の施術時間はおおよそ60分程度となります。
・お着替えの用意はありますが、なるべく締め付けのない動きやすい格好でお願いします。

<料金>

個人セッション 3500円   (60分)

ペアセッション 3000円×2 (120分)

あきほ整骨院

福岡県福岡市中央区清川2-21-22-2階

092ー521-8508

mail:sorashidou@gmail.com




『気持ちよさで身体は治る!』

私達の身体は元々良くできているモノで、何も薬や注射をしなくても病気を治す働きを持っています。これが自然治癒能力(ホメオタシス)です。では何故、病気がなかなか治らないのか?それは身体の歪みが存在したままに無理に正常に生活しようと無理をしてしまうから身体は非常に苦痛を感じてしまっているのです。コレもまたストレスですよね。ではどの様にすれば自然治癒能力は上手く機能してくれるのかと言いますと、身体を歪ませる原因である不快なストレスの反対、気持ちが良いという快感を味あわせてあげることで身体は正常に戻って行きます。

1,歪体(わいたい)に気持ちよさを味あわせる。

2,運動器系統の歪みが調整される。

3,感覚の正常化(具合が良くなる)

4,機能の正常化(症状が消える)

5,器質的破壊の回復・正常化

このような治癒方向へのプロセスをたどって
歪体化したからだを正常化していくのが
操体法というわけです。

上の治癒のプロセスを前回のからだの破壊のプロセス
と見比べてみてください。
すべて順番は同じでネガティブなイメージから
ポジティブなイメージに変わっているだけです。
からだは本当にシンプルなものです。

『病気と健康のプロセス!』


私達の身体は、日頃の生活の中で様々なストレッサー(異常刺激)にさらされています。これは肉体的なモノ(運動・食事など)や精神的なモノ(感情・社会環境など)多岐に渡ってまいります。通常これらのストレッサーは直接、身体に対する影響としては現れない程度のモノであっても継続的に影響を受けることにより、生命エネルギーの不均衡が発生し、その結果として生命体の基礎構造である運動系系統に歪みを作り出す事になり、異常感覚(違和感・不快感)を引き起こし、さらにこじれていくことにより疾患現象へと進行して行きます。

1,正体(せいたい)にストレスが加わる。
   
2,運動器系統に歪みが発生する。

3,異常感覚(違和感・不快感)の出現。

4,機能障害(痛み・症状)の出現。

5,器質的破壊(西洋医学的病名)の発生。

この様にして本来、健康体であるはずの身体に問題が起こってしまうのですが、これらは先にも書いたように再びボディの歪みを正体に戻すことにより回復させることが可能なのです。ただし器質的破壊が進んだものに関しては回復かなり厳しい場合もありますので、
なによりもここまでからだを壊してしまわないように気をつけたいものです。

『身体は動く建物である!』


操体の考え方として、
我々人間の身体を至ってシンプルな三角屋根のお家
(最近あまりみませんが・・・)
だとして考えます。

そのお家の四隅の柱をそれぞれ手・足として、
屋根の棟木を背骨とします。
そして屋根の両端に首と尻尾をつけると動物に・・・

それを二本足で立たせると人間になります。
これが動き回っているのが私達の身体なのです。

この身体の一箇所にでも故障が出てくると
この動く建物は徐々に傾いてきてそのうちに、
全身に歪みが波及していきます。

しかし、その故障の個所を修繕して、
また正しく使っていくと再び歪みは調整され元通りに回復して行きます。
これを同時相関連動性と言い操体の治療の根幹となってきます。
プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。