スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『願わくば気持ち良く生きて行きたいですね』

これは本当にそう思いますよ。私自身も痛いの嫌だし、病気になるのは怖いし、家族や友人、私の周りにいてくれる大切な仲間達が辛い想いをしている姿なんて見てられませんよ。そう考えてみると私が操体を学んでいる理由って実はこれなのかもしれません。橋本先生は操体を通じて痛みを取る為の治療テクニックを教えたのでは無くて、気持ちよく生きる為のヒントをたくさん残してくれているのです。

操体法が一躍世間の注目を集めるきっかけになったのは昭和56年にNHKラジオで放送された人生読本「人間の設計」なのですが、三日間にわたる放送の最後の方で橋本先生は「アダムとイブが知恵の木の実を食べて天国から追い出されたでしょう。だから知恵が発達して勘が鈍ってきた。野生の動物には獣医はいない。みんな勘で行ってるんですよね。人間だけは知恵があるから、今度は勘を意識しなさいっていうの。だから基本は気持ちいいことをね、勘を鋭くしなくちゃ。気持ちがいいってことになれば自然と安心するしね、愉快になるし、結局最後には有難いって思わなきゃ。」と書かれていますが、本当に私達は知恵が発達しすぎて何をやるにもまず頭で考えてからじゃないと行動に移せなくなっているきがします。

私達に多くの知識を与えてくれるはずのテレビやラジオやインターネットも、あまりにも情報量が多すぎて紹介されている健康法を全部試していたらからだがいくつあってもたりません。やっぱり行き着くところは、自分自身の勘だよりということなのでしょう。要らないものをどんどん削ってシンプルにして行った先が気持ち良さに委ねるというライフスタイルなのかもしれません。

ところで勘を磨くっていっても、一体何から始めればよいのでしょうか。山にこもって滝にでも打たれながら念仏でも唱えなければいけないのでしょうか。

いやまさか橋本先生がそんな無理難題を押し付ける訳がありません。威張らず、縛らず、欲張らず。自分のからだの声を無視せずに良くからだにききわけながら『呼吸』『食事』『運動』『想念』という4つの最小限責任生活とこれにその人を取り巻く『環境』を含めた5つバランスを取っていけば、きっと鈍くなっていた野生の勘ってやつも取り戻せるに互いありません。

『では気持ち良いってどういうことなのだろう?』

私達のからだは「気持ちの良い」という感覚を味わうことで、筋肉・骨格の歪みが取れて生体の歪みが正されるということは先日書いた通りですが、では何故「気持ち良い」という感覚を味わうだけでからだの歪みが矯正されるのでしょう?実際に他の手技療法を用いてもからだの歪みは矯正されるのですが、その為にはそれなりの医学的知識や技術そしてそれなりの労力が必要になります。しかし実際に操体の臨床ではからだのある一点の皮膚に軽く触れておいて、その皮膚感覚による気持ちの良さを味わっているだけで全身の緊張が緩みからだのバランスが取れて来ることは良くあることです。

橋本先生はその著書の中で

つらい動きを我慢してやる必要はありません。なぜか。みなさんは用たしに外出するのと、お宅に帰るときとどっちが気持ちよいですか。家に帰るときの方が良いでしょう。もとにもどることは気持ちがいいのです。もとのからだはもともとよいのです。気持ちよく動くともとにもどるように人のからだはできているのです。こんなありがたいことはないでしょう。これが自然の法則なのです。

橋本敬三著 『万病を治せる妙療法 操体法』より


万病を治せる妙療法―操体法万病を治せる妙療法―操体法
(2005/04)
橋本 敬三

商品詳細を見る



と気持ちよさでからだが治ることは私達が本来持った能力であると書いておられます。なにも操体法が特別なことをやっているのではなく、からだが本来もっている能力に従って臨床を行っているだけなのです。あくまでも治しているのは患者自身のからだであって、私達治療者は患者さんのからだが気持ち良さをききわけ味わってもらえるようにナビゲートしている存在に過ぎないのです。からだの持っている自然治癒能力というのは本当に有り難いものです。しかし残念ながらこの有り難い能力を誰もが皆享受出来ているかと言えば必ずしもYESとは言えないようです。それは我が国の34兆円を超える医療費を見てもわかるように病気や怪我により医療機関を受診し治療を受けているのです。実際に「気持ちよく動けばからだが治るんだよ~。」と言っても「えぇ~っ、本当ですか~?」と疑問をもたれる方が大半を占めていることは、実際の現場でも痛い程感じます。考えてみると私達の普段の生活の中で『気持ちよい』と感じる瞬間というのが一体どのくらいあるのでしょうか。気持ちが良いと感じる為には、自分自身のからだと対話しなければなりません。それぞれが自分自身のからだにききわけるという過程を経て初めて気持ち良いという感覚を味わうことが出来るのですから、『気持ち良さってどんな感じ?』という疑問を持つということ自体が、自分自身のからだと上手くコミュニケーションが取れていないということなのかもしれません。あなたは上手にからだとコミュニケーションがとれていますか?

『楽って一体どんな感じ?』

ここまで書いてみて『楽』とはどういう意味なのだろうかと、気になり辞書を引いてみようと思ったのですが、残念ながら手元に辞書がありませんでしたので、文明の力を用いてインターネットで検索してみました。(完全に楽してますね。)

『楽』
これをガクと呼ぶと音楽の意味となるのだけれど、今回はラクという音読みでYAHOO辞書で検索すると

1、身も心もやすらかなこと・安楽
2、ゆっくりくつろぐこと・身も心もゆったりしていること。
3、経済的に豊かなこと
4、簡単でやさしいこと・苦労しないこと。

まとめてみるとこころも身体的にも身体的にも経済的にも苦痛が無い状態にある状態と言えるようです。この言葉を聞いてふと思い浮かんだのが、「健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないということではない。」というWHO(世界保健機関)の健康の定義です。
健康であるということは楽な状態とほぼ同じであると見ても良いのではないかと思うのですが、この健康な状態というものは、そもそも身体的・精神的・霊的・社会的に偏りが無いバランスがとれた状態であるということなので、症状や疾患を持つ患者にでは健康になる方に動いてくださいというのは無理があります。「こっちの方が聞きたいよ。」と一笑されるのが関の山です。実際に健康で生体のバランスが取れた方であればどちらに動かしてみても痛みがなくスムーズに動くことが出来るのですが、歪みが存在するからだでは必ず動きの非対称が生じてしまうものです。この楽な状態というのは生体の歪みが正され健康体になった時に到達する状態なのではないかと思います。

しかし一般的に「楽したい。」と言っている人達は同じ楽でもcomfortable(快適である)ではなくeasy(やさしい)ことを望んでいるに過ぎないのではないでしょうか。

私の好きな歌の歌詞の中にこんなフレーズがあります。

難しく考えだすと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

まだ僕たちが小さかった頃にはわからないことや出来ないことばかりで、出来ないことやわからないことと出会うたびにがむしゃらにその目の前の壁をよじ登ろうともがき苦しんでいました。何度も失敗していっぱい傷も作ったけど、出来なかったことが出来るようになったときの達成感というものは何者にも代え難い輝きがありました。でも少し大人になってある程度の知識や知恵がついてくると、目の前の壁を越える為に、一生懸命によじ上ろうとすることが鈍臭く感じてしまい。道具や他人に手伝ってもらって、よりスマートに乗り越えようと考え始めます。でも、それでなんとかその壁をクリアーしたとしても、果たしてそこに満足感や悦びはあるのだろうか、更に高い壁を乗り越えようと思える程のモチベーションを維持することが出来るのであろうか。ここが限界だよと大人ぶってみるのも悪くはないのかもしれないけど、いつまでも壁にぶち当たっては一生懸命にもがいている大人はとても魅力的だと思います。僕もまだ限界だなんて認めていません。だってブログまだ3日も残っているのですから・・・

『何故楽な方よりも気持ちの良い方が良いのか?』

昨日は操体の臨床で『気持ちよい』という感覚を操法に通した方がからだの歪みが取れやすいのに何故痛みの無い『楽』を操法に選択してしまうのか?というとこロまで書きました今日はその続きです。これは一言でまとめてしまうならば『治療者の勝手な思い込み』に寄るところが多いのではないかと思います。その理由はいくつかあるのですが、まず第一に操体法創始者の橋本敬三医師の書き残した文献の中で気持ち良さをききわける動診と操法についての記載が一切無いと云う事があげられます。晩年橋本先生も近しい弟子に対しては「操体法の指導は気持ちの良さ(原始感覚)以外は指導するな。」と気持ち良さによってからだが変化するということを理解し、その指導を行っていたのですが、残された文献というのが、未だ気持ちの良さに対しての動診と操法の確立される以前の痛い方と痛くない方の二者択一の動診と操法についてしか記載がありません。それで実際に橋本先生から「気持ち良さで治るんだ。」という言葉を受けていない治療者にとっては痛くない方に楽な方にからだを操る操法こそが操体法による治療のセオリーであるという固定概念が出来上がってしまっているように思えて仕方ありません。確かに対になる動きを動かしやすいか動かしにくいかを比較して動かしやすい方に動かす事でボディーの歪みが矯正される事は紛れも無い事実であり治療者にとっても患者にとっても単純明快である事に疑いの余地はありません。問題は楽な動きでは改善する事が出来ないものに対してどのように対処するのかという治療の質が問われるケースがあるということです。そのような緊急事態に際して「もうお手上げです。」と白旗を上げてしまうのか、より質の高いアプローチを模索し続けて行けるのかが『楽』に固着しつづけるのではなく『快』をききわける動診と操法へ発展進化していったプロセスではないかと考えております。

東京操体フォーラム実行委員ブログ6・21

『境界線』

梅雨真っ只中です。まるで水の中にでもいるかの様な湿気に福岡の街も包まれています。私は生まれながらの癖っ毛なので、この時期になると髪の毛が手の施し様が無いくらいに膨らんでしまい。只でさえ大きな頭が益々大きく見えてしまいます。でも頭が大きいのは賢い証拠と小学生の頃おばあちゃんに教えてもらったので今日も元気にブログを書いていきたいと思います。

今週は『時空を超える』というテーマでブログを書いています。結構前になるのですがNHKの特集で人体の細胞の話が取り上げられていいました。その番組の中では私達のからだはおおよそ60兆個の細胞から出来ており、毎日そのうちの20%にあたる15兆個が死んでは、再び再生するという事をを繰り返しているのだそうです。考えてみると毎日からだの五分の一が死んでいると思うとぞっとしますが、幸いにもその細胞達は口を持っていません。もしその細胞ひとつひとつに意思がありそれぞれが「まだ死にたくないよ。」とか「今度生まれ変わるときもまた赤血球細胞として生まれ変わりたい。」などと話していたら本当にやかましくて仕方がありません。細胞達は私のからだを維持してくれる為に日夜もくもくと働いてくれて、そのお役目を終えると静かに次の細胞へとバトンタッチして私のからだをつないでいってくれているのですね。『縁の下の力持ち』とは彼らの事をいうのかも知れません。

話は変わりますが、私達の住む地球そのものが大きな生命体であり、地球自体が環境維持の為に恒常性を持っているんだという『ガイア理論』という考え方があるそうです。NASA勤務の大気学者であるジェームズ・ラブロックという科学者が提唱したものらしいのですが、それによると地球の環境や生物の生態系などは、地球がまるでひとつの生命体であるかのようにバランス制御をしており、地球環境の変化は私達人間が人為的に関与出来るものではなく、より大きな地球自体の大いなる意思に基づいていると仮定している。ということは私達人間も地球という生命体の恒常性の一端を担う細胞のような存在であり。私達ひとりひとりの行動も微弱ではありながら、地球の生命を維持する為に関与しているとも言えるのではないであろうか。地球全体からすると取るに足らない名も無き細胞のひとつであったとしても、それこそ縁の下の力持ちとして無くてはならない存在、かけがえの無い存在であるに違いありません。

私は今まで生きて来た中で、からだひとつひとつの細胞を個別の存在として意識した事はありませんでしたし、この細胞は骨の細胞で、こっちの細胞は神経細胞でと言うように区別してからだを見た事はありませんでした。ただ『私自身が生きる』という目的の中で合目的に細胞達が上手に役割分担をして、それぞれの持ち場でそれぞれの生命維持活動を行い、私の生命をつなぎ生かしてくれているのです。それを考えると私達人間だけが、人種や民族で区別し、地球の表面に勝手に国境と言う線を引き、あたかも地球が人間の所有物であるかのようにふるまい。人間の好き勝手に環境をコントロールしようと躍起になっていますが地球という大いなる生命体の中ではそんな行動自体もからだの表面に巣食うバクテリアの存在程度のものなのかもしれません。私自身も達人間も地球という生命をこの先も持続させていく為のより良い細胞のひとつでありたいと思います。そのように考えた時には、私とかあなたとか言う様な個体としての区別の無い大いなる生命の一部としての調和の中で解け合う事が出来るのかもしれません。
プロフィール

操体プラクティショナー 秋穂一雄

  • Author:操体プラクティショナー 秋穂一雄
  • 東京操体フォーラム
    操体療法東京研究会
    社団法人日本操体指導者協会
     認定操体プラクティショナー
    あきほ整骨院院長
    健康維持増進力学研究所
     
    座右の銘?
    「からだの設計にミスはない」

    あきほ整骨院

    〒810-0005
    福岡市中央区清川2-21-22
      カメラの太洋ビル2階

    電話 :092(521)8508
    メール:sorashidou@gmail.com
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。